明治時代
 日本の缶詰は明治4年(1871年)長崎の人・松田雅典が長崎在中のフランス人レオン・ジュリー(leon Dury)にイワシの油漬け缶詰の作り方を伝授されたのが始まりとされている。
 ただこの年に作られた缶詰はあくまでも試作的なものであり、商業的に生産されたのは明治10年明治政府が殖産振興策として北海道の開拓使缶詰工場でサケの缶詰が製造されたのが始まりとしている。
 当初空缶は缶詰の製造業者が自家製造するのが原則であった。ブリキ缶を造る機械が工場内に設備されており、蓋底打ち抜きチンプレス、脚踏みブリキ板切断機、手回しピーターロール、手動用三本ロール、筒形胴付け機、半田切断機等を用いて製缶された。
 明治初め缶詰製造を志した人には茶筒などを造る「ブリキ屋さん」も大勢いた様である。はんだ篭手(=こて)を片手に一日数十缶〜百数缶の職人技術であったと言われている。
 明治10年代に歩み出した日本の缶詰製造は、明治27〜28年の日清戦争、さらにその10年後の日露戦争を契機に「兵隊食」の缶詰として大きな需要となり、拡がり発展した。
 そのころの缶詰は1缶20〜35銭と白米1升(7.65銭)と比較して、かなり高価であったといわれている。
 その後、戦争の終結とともに役目を果たし終えた缶詰産業は輸出産業としての一歩を踏み出した。

■明治中頃の缶詰製造風景

■明治初期の半田篭手を使用して作られた缶

ページの先頭へ